エレガント英語入門 芸術

ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594):Magnificat Primi Toni(第一旋法のマニフィカト)・・・愛弟子・T.A.さんが体験具現した最高峰の美意識、「神聖美」

投稿日:

2020年10月8日(木)、20:11、英語道弟子課程弟子・T.A.さんが、英語道弟子課程「特別稽古」を受講。今般の特別稽古は、以下の如き稽古内容でした。

◆英語道弟子課程「特別稽古」の告知

1 特別稽古の日時
2020年10月8日(木)、20:11

2 特別稽古として賦与する音楽作品
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ
Magnificat Primi Toni(日本語名: 第一旋法のマニフィカト)

<概要>
生井利幸の”直系”・”直属”の弟子を、「本特別稽古」の受講対象とする。イタリア・ルネッサンス後期に活躍した音楽家、ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594)は、西洋文明社会に於ける「教会音楽の父」。パレストリーナは、ローマ・カトリック教会音楽を中心に作曲活動を展開。本音楽作品は、生井利幸が東京・銀座3丁目に開設した「生井利幸事務所・銀座書斎」に於いても、頻繁に流れている音楽作品の一つ。生井利幸の弟子たちは、銀座書斎入居ビル・清掃活動、及び、Quasi-Ginza sanctuaryに於ける学習活動の際、本作品を通して「生井利幸が醸し出す神聖なる空気感」を経験。

3 申し込み方法
電話、あるいは、銀座書斎入居ビル内での対面でも可能。
完全個人稽古。
受講枠:1名。

4 稽古場
英語道弟子課程・第二稽古場
(銀座書斎・「奥の聖域」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、わたくし生井利幸は、「2種の遺言」を書いています。その2種とは、次に示す2つの種類の遺言です。

 1 一般社会に向けた遺言
 2 銀座書斎で学ぶ学習者に向けた遺言

見た目では元気そうに見える生井利幸ですが、「この、生井利幸が書いている遺言」とは、一体何を意味するのでしょうか。このたび「特別稽古」を受講した愛弟子・T.A.さんにおいては、この2種の遺言の意味について、”必要十分に”認識・理解しています。

-エレガント英語入門, 芸術

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2020 All Rights Reserved.