エレガント英語入門

愛弟子・T.A.さんにおける「エレガンスへの道のり」・・・人が億劫だと思うことを率先して行う

投稿日:

昨日、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指す英語道弟子課程弟子・T.A.さんは、講師に以下のような趣旨の言葉を発しました。

T.A.さん:
「私は、残りの人生を、先生から教わったことをしっかりとやっていきたいです。そのためには、健康に注意して、毎日、しっかりと自分の身体を使っていきたいです。」

生井利幸:
「そうですか。身体を使うとは、一体何を行うために身体を使うのですか。一つか二つ、具体例を教えてください。」

T.A.さん:
「人が煩わしいと思うこと、面倒だと思うこと、億劫(おっくう)だと思うことを、自分から率先して行っていきたいです。例えば、外を歩くとき、目的地までの道のりに落ちているゴミを拾うことです。」

英語道弟子課程において、英語で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指す愛弟子・T.A.さん。写真は、受講生時代に撮影。

■所見
「外を歩くとき、目的地までの道のりに落ちているゴミを拾う」、・・・この行為は、実に多くの人々が、億劫である(面倒である、煩わしい)と捉えるでしょう。しかし、少々、このことについて建設的に考えてみると、次のことがわかります。すべての人々(多くの人々)が、「外を歩くとき、自分が歩く道のりだけでも落ちているゴミを拾う」ということを日々の習慣にすると、街は、見違えるほど綺麗になるでしょう。エレガンスへの道のりは、「毎日の生活において、自分が関係している場所を綺麗にする」だけでも、少しずつ、確実に歩むことができます。(愛弟子・T.A.さんは、本日も、仕事に行く前に、早朝から銀座書斎入居ビルにて、心を込めて丁寧に清掃活動を行いました。)

-エレガント英語入門

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2021 All Rights Reserved.