エレガント英語入門

銀座書斎・2019年クリスマスの最終章<2>

投稿日:

<1>
昨日、英語道弟子課程弟子・T.A.さんは、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)にて、イタリア・ルネッサンス末期の作曲家、グレゴリオ・アレグリ(1582-1652)が作曲した音楽作品「ミゼレーレ」を鑑賞(写真・下)。その後、T.A.さんは、講師と共に、「清らかなクリスマスの空気感」を満喫しました。

クリスマスを迎えるにあたり、T.A.さんから以下のような素敵なプレゼントをいただきました(写真・下)。

<2>
英語道弟子課程弟子・M.U.さんからは、以下のような真心をいただきました(写真・下)。M.U.さんは、講師と共に、かなり早い時期から「銀座書斎・2019年クリスマス」の準備をしていました。既に、この「エレガント英語入門」にてご紹介しましたが、12月に入り、M.U.さんから、銀座書斎用として、スタイリッシュで機能的な食器棚をいただきました。

<3>
英語道弟子課程弟子・K.H.さんは、本日、"Quasi-Ginza sanctuary"を利用。その際、以下のような差し入れを持ってきました。

既に、何度も説明していますが、英会話道場イングリッシュヒルズには、通常レッスンに加え、「銀座書斎・自習室」、"Quasi-Ginza sanctuary"など、様々な勉強の機会があります。K.H.さんの気遣いは、「それらの学習の機会の際、学習者が小腹が空いたときに食べてもらいたい」という願いから用意してくれたものです。

銀座書斎は、すべての学習者の愛で作られている、「頗る温かい心で構築された『学びの聖域』」です。

-エレガント英語入門

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2020 All Rights Reserved.