「 の記事 」 一覧

英会話を習得(マスター)できない人の典型・・・単に英会話を学習することは誰でもできる。難しいのは「学習を続けること」

2021/4/4  

英会話を習得(マスター)することができない人の典型は、「一度決めた学習内容について、続けることができない人」です。 言うまでもありませんが、英会話を習得したいと考える人は、実に、星の数ほど存在します。 ...

愛弟子・H.K.さんが、2021年4月から3年間、「英語道弟子課程、及び、エレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」を開始

2021/3/23  

■掲載教材 ⇒ 愛弟子・H.K.さんが、2021年4月から3年間、「英語道弟子課程、及び、エレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」を開始 教室(銀座書斎)は、講師だけでなく、教室で学ぶ学習者の汗と涙で ...

Red wine, cheese, olive and bread are a constellation of seasoned tastes for the sake of the experience of exaltation in listening to the opera.

2021/3/21  

For you all to be more elegant, "experiencing 'exaltation' in your heart" is very much effective and ...

弟子・H.K.さんが、3年間、「英語道弟子課程とエレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」の準備に着手

2021/3/16  

■掲載教材 ⇒ 弟子・H.K.さんが、3年間、「英語道弟子課程とエレガンス・オブ・エレガンスの同時在籍」の準備に着手 写真は、受講生当時のH.K.さん。2021年3月現在は、英語道弟子課程弟子として、 ...

銀座書斎が「内部構造の再構築」を実施

2021/3/8  

銀座書斎は現在、少しずつ、「内部構造の再構築」を進めています。銀座書斎の再構築は、以下の事項について行っています。 1 銀座書斎・中央スペースの再構築 銀座書斎で学ぶ学習者にとって、より妥当で、より快 ...

"the ultimate in elegance"(究極的エレガンス)、及び、"transcendental wisdon"(超越的英知)への旅・・・愛弟子・K.H.さん

2021/3/6  

"wisdom"(英知)の概念は、「人類史」(history of humankind)という大枠で講じるならば、これを2つの概念に分類することができます。一つは、"local wisdom"(地域的 ...

「耳学問」(learning by ear)の重要性

2021/3/4  

講師の生井利幸は、銀座書斎で学ぶすべての学習者に対して、教室の設立以来、「耳学問の重要性」について、詳細にわたって教授し続けてきました。 講師は、教室の重要根幹教材の一つである「エレガント英語入門」に ...

どのような日常生活を送るかで、「エレガント英語の命運」が大きく変わる・・・緊急加筆

2021/2/28  

「エレガント英語を学習し、将来、しっかりと習得する道」を歩む上で、以下に掲げる2つの日常生活の過ごし方のどちらを採るかで、「学習の『質』(quality)」自体が決定的に変わります。 <1> 日々、静 ...

銀座書斎で学習をスタートして13年目となる弟子・T.A.さん・・・「よそ見をしない学習者」「まっすぐ歩む学習者」「醜い欲のない学習者」が最大の学習成果を出す

2021/2/13  

本稿においても、2021年バレンタインデーを迎え、学習者からいただいた真心を紹介します。 <1> 弟子・T.A.さん T.A.さんは、2009年1月から、まったくよそ見をすることなく、講師の指導通りに ...

エレガンス樹立の吉日は、いつの日かではなく、「本日のこの瞬間」・・・Not tomorrow but at this moment today

2021/2/1  

世界中の人間の心理構造、及び、行動パターンについて講じるとき、それぞれ異なる文明・文化・歴史・習慣・思想・宗教等を超えて、世界の人々の中において「数多くの共通点」が存在することを忘れてはならないでしょ ...

銀座書斎入口

受講生・Y.F.さんが、「銀座書斎入居ビル・清掃活動」をスタート

2021/1/29  

本日の早朝、受講生・Y.F.さんが、「銀座書斎入居ビル・清掃活動」に参加する目的の下、英語道弟子課程弟子・H.K.さんから、「清掃活動に関する基本事項」について説明を受けました。 Y.F.さんは、来週 ...

Beautiful English is fundamentally derived from beautiful elements you have in your individuality.

2021/1/11  

「清貧(せいひん)」(honorable poverty)とは、「自己における世俗的欲求の追求」から自己を離し、「清く、そして、正しく生きる」ということを基本とする生き方を指します。 人間が、「本来あ ...

影絵作家・藤城清治先生の画集、『アッシジの聖フランシスコ』の鑑賞について

2021/1/1  

新年明けましておめでとうございます。本年も、銀座書斎にてしっかりと学習し、真っ直ぐ前に進んでください。 去る2020年12月24日(木)、英語道弟子課程弟子・T.A.さんから、クリスマス・プレゼントと ...

elaborationの意味・意義

2020/12/6  

elaboration(名詞)の意味は、「入念、念入り、綿密さ、労作、努力に努力を重ねてつくった作(作品)」等。 通常、eleborationを通してつくるその作は、単行本で発表する文学作品、ノンフィ ...

銀座書斎・2020年クリスマス

2020/12/2  

⇒ 銀座書斎・2020年クリスマス

Practicing what you need every day undoubtedly engenders "a concrete way" for you to master it.

2020/11/22  

It goes without saying that the students are permitted to record the lesson to pecisely learn and ma ...

"Filth engenders disease."・・・エレガント英語を構築する上で大前提となる基礎的条件

2020/11/1  

医学として身体、及び、心の健康について捉えるとき、以下で示す捉え方は常に真実です。 ■身体、及び、心の健康の秘訣 1 身体の健康の秘訣 Filth engenders disease. (不潔は、病気 ...

Bitter tears in my heart

2020/10/31  

⇒ Bitter tears in my heart

「初心」と「基本」の維持がエレガンスを生み、持続させる

2020/10/15  

■「初心」と「基本」の維持がエレガンスを生み、持続させる 1 初心 人間が間違った行いをするときは、「初心を忘れたとき」である。 2 基本 基本は、物事の基礎であり、本質である。 3 エレガンス 真の ...

Nobody possesses any impeccability.

2020/10/12  

It goes without saying that human beings inevitably make some mistakes day after day. Essentially sp ...

ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594):Magnificat Primi Toni(第一旋法のマニフィカト)・・・愛弟子・T.A.さんが体験具現した最高峰の美意識、「神聖美」

2020/10/9  

2020年10月8日(木)、20:11、英語道弟子課程弟子・T.A.さんが、英語道弟子課程「特別稽古」を受講。今般の特別稽古は、以下の如き稽古内容でした。 ◆英語道弟子課程「特別稽古」の告知 1 特別 ...

生井利幸における「英語と芸術の関係性」(”前”・導入レヴェルⅠ)

2020/10/4  

<1> 生井利幸が発する英語は、一般社会で耳にする”通常の英語”ではない。 <2> 生井利幸が発する英語は、「その、発する”英語自体”」が、無数の芸術的要素を包含する「芸術・美学としての言語表現」であ ...

英語道弟子課程弟子・S.M.さんが、本日から「通常の活動ペース」を再開

2020/9/27  

英語道弟子課程は、「英語で”世界的教養人”になることを目指す、生井利幸の弟子たちが在籍する最高峰の学問所」です。この学問所で学ぶ弟子たちは、基本的に、毎日、または、ほぼ毎日、銀座書斎入居ビルに来ていま ...

銀座書斎に存在する「目には見えないたくさんの箱」を開ける受講生が、将来、「エレガント英語」を習得する

2020/9/22  

わたくし生井利幸の厳格指導の下、長い期間にわたって、一つひとつの指導内容についてしっかりと丁寧に学び続けている受講生においては、真の学びの道における「一つの真実」について認識・理解していることでしょう ...

第一はなぶさビル

2020年9月20日(日)、英語道弟子課程弟子・S.M.さんのお父様が他界しました。

2020/9/21  

2020年9月20日(日)、弟子・S.M.さんのお父様が他界しました。S.M.さんのお父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。 昨日の2020年9月20日(日)、S.M.さんは、早朝5:41から、「清 ...

Caravaggio still whispers, “burn your heart”

2020/9/20  

⇒ Caravaggio still whispers, “burn your heart”

You can produce strength to go forth through philosophizing yourself.

2020/9/12  

■「前」に進んでいる、銀座書斎のすべての学習者たち 銀座書斎は、2020年9月12日(土)を迎えました。銀座書斎で学ぶすべての学習者は、2020年夏の猛暑を乗り越え、毎日しっかりと学習し、前に進みまし ...

“cogito, ergo sum” theorized by René Descartes (1596-1650)

2020/9/1  

Toshiyuki Namai quintessentially teaches his disciples that a human being is just dust floating on t ...

The reverberation in your heart through listening to Toshiyuki Namai's English engenders the origin of elegant English. <part 2>

2020/8/23  

"reverberation in your heart in the process to listen to Toshiyuki Namai's English"とは、わたくし生井利幸の英語を聞く ...

The reverberation in your heart through listening to Toshiyuki Namai's English engenders the origin of elegant English. <part 1>

2020/8/17  

It is surely true that there are so many substantial processes required for you to experience in lea ...

生井利幸の哲学とルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67に内在する音楽哲学の関係性・融合性・・・英語道弟子課程弟子・H.K.さんに於ける超越的経験

2020/8/10  

⇒ 生井利幸の哲学とルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67に内在する音楽哲学の関係性・融合性・・・英語道弟子課程弟子・H.K.さんに於ける超越的経験

英語道弟子課程弟子・K.H.さんが、フルコースランチ会を提案・開催<2>

2020/8/7  

本日、弟子・K.H.さんから、昨日のフルコースランチ会について、以下のようなメッセージが到着しました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 生井利幸先生、 おはようございます。先日は、ランチ会の ...

Genuine intellectual curiosity is beautiful.

2020/8/4  

わたくしは、日頃から、受講生に対して、以下のような言葉を発しています。 「単なる知識欲で学ぶ勉強の姿は、決して『美しい勉強』ではありません。自分の知識欲を満たすために勉強すると、『醜い欲』(ugly ...

銀座書斎で体験する「無の境地」

2020/8/1  

⇒ 銀座書斎で体験する「無の境地」

Toshiyuki Namai's English shall be yours in the state of "no sound" by inches.

2020/7/31  

It goes without saying that tranquility is the state which calmly gives you some sort of silent mood ...

無音から湧き出る「生井利幸の英語の音」・・・エレガント英語構築の道筋

2020/7/26  

学習者の皆さん、毎日、雑音・騒音の中で大切な時間を過ごしていませんか。 雑音・騒音は、言うなれば、無用、且つ、無意味な環境です。是非、自分なりに工夫を凝らして、「無音の環境」に自分の身を置き、心を落ち ...

「エレガント英語」を遥かに超越する英語

2020/7/12  

受講生の皆さん、「生井利幸が喋る『3種類の英語』とは、一体どのような英語ですか」という質問を受け、即座に、その「3種類の英語」について答えられますか。 わたくしが喋る3種類の英語のうち、通常レッスン向 ...

愛弟子への遺言

2020/7/9  

英語道弟子課程弟子・T.A.さんは、2008年12月に英会話道場イングリッシュヒルズの面談審査に合格し、2009年1月から、わたくし生井利幸の下で猛勉強をスタートしました。 T.A.さんは、名実ともに ...

この地球に存する一個の存在者として、「自己の『命』(life)」に真の価値を持たせる

2020/7/8  

2020年7月8日(水)を迎えた今、英会話道場イングリッシュヒルズで学ぶすべての学習者に聴き込んでいただきたい「英語音声講義」(You cannot serve both God and money. ...

夏の「美味しい真心」

2020/7/8  

本日は、銀座書斎で学ぶすべての受講生に向けて、「美味しいお知らせ」があります。 学習者の皆さん、銀座書斎・自習室、Quasi-Ginza sanctuary(学習活動)、銀座書斎入居ビル・清掃活動等を ...

10年に1回の「巨大なる疲労感」

2020/7/5  

⇒ 10年に1回の「巨大なる疲労感」 追記: このたび、英語道弟子課程弟子・S.M.さん(写真・左)、及び、同課程弟子・M.U.さん(写真・右)から、真心いっぱいのお中元をいただきました。

秘蔵っ子の涙

2020/7/5  

⇒ 秘蔵っ子の涙

銀座書斎の再構築作業についての報告(加筆)

2020/7/1  

銀座書斎には、二つの空間があります。一つは(1)「中央スペース」、そして、もう一つは、(2)「奥の聖域」です。受講生向きのレッスンは、中央スペースで行っています。 このたび、銀座書斎は、森のギャラリー ...

A phony shows his true colors

2020/6/15  

A phony shows his true colors genuine or phony it doesn’t matter whether he is genuine or phony a ge ...

"A wealth of words is not eloquence."

2020/6/13  

"A wealth of words is not eloquence." (多弁は、決して雄弁という意味ではない。) Some people speak a lot in front of othe ...

腹をくくる勇気

2020/6/12  

⇒ 腹をくくる勇気

生井利幸の秘蔵っ子、弟子・K.H.さんからの「元気が出る差し入れ」

2020/6/9  

⇒ 生井利幸の秘蔵っ子、弟子・K.H.さんからの「元気が出る差し入れ」

命には、「眩しいほど光り輝く『命の中心核』」が内在する

2020/6/8  

概して、世俗社会には、「美しいもの」(an existent which is very beautiful)を目の前にしても、何も感じない人がいます。無論、鈍感な人は「美」(beauty)に対して” ...

The earth is one of innumerable tiny rocks floating in the universe.

2020/6/1  

本日、[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材として、以下の英語音声講義を掲載しました。 ◆新・英語音声講義 Vol.266 The earth is one of ...

「やりたいこと(学習したい教材)がいっぱいある」という、教授者にとってこれ以上のない”嬉しい言葉”・・・英語道弟子課程弟子・K.H.さんにおける「学習に対する比類なき熱情」

2020/5/29  

本日の夕方、英語道弟子課程弟子・K.H.さんから電話があり、現在の学習状況の報告を受けました。K.H.さんは、電話で、次のような趣旨の言葉を講師に述べました。 「現在、・・の学習に取り組んでいます。本 ...

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2021 All Rights Reserved.