エレガント英語入門 芸術

「エレガンス・オブ・エレガンス」コースで受講できる"Recitative-style lecture"(レサタティーブ形式による特殊講義)

投稿日:06/02/2021 更新日:

「エレガンス・オブ・エレガンス」コース(週2回のレッスン、3年制)では、実に様々な分野の学習を通して、エレガンスのすべてを学ぶことができます。

その一つは、”総合芸術”として、オペラの鑑賞経験を介し、「美意識」「エレガンス」を磨き抜くという学習。この学習では、講師の生井利幸がオペラの中に入り、"Recitative-style lecture"(レサタティーブ形式による特殊講義)を行います。言うまでもありませんが、この、"Recitative-style lecture"を行えるのは、海外でも日本でも、講師の生井利幸のみです。

学習者は、この、"Recitative-style lecture"を受講し、同講義の聴き込み、ディクテーション、及び、その内容についてノートに整理することにより、自分の目の前で直接、「世界最高峰ステージの芸術的境地・美学的境地」に触れるという特殊経験を持つことができます。学習者は、この経験によって、エレガンスの究極的境地を目指す学習者として「劇的なる改善・向上・発展」を実現させることが可能となります。

「単なる想像ではなく、『現実としての実体験』」、・・・「エレガンス・オブ・エレガンス」では、すべてのレッスンを通して、「実体験主義」を全うしています。本稿では、前述の"Recitative-style lecture"の詳細について紹介します。

 ■"Recitative-style lecture"の詳細
 ⇒ “Recitative-style lecture”・・・総合芸術としてのオペラを講じる「生井利幸の講義のメカニズム」

追記:
"Recitative-style lecture"(レサタティーブ形式による特殊講義)の音声データは、生井利幸公式サイト、「文化・芸術論」ページにて、相当数掲載されています。

-エレガント英語入門, 芸術

Copyright© 英会話道場イングリッシュヒルズ , 2021 All Rights Reserved.